after a little sleep

takatsu rika / photo / diary / trip / music / illustration /

サバイバーズギルト&シェイム観劇

f:id:t_rika:20161114093418j:plain

「サバイバーズ ギルト&シェイム」観劇してきました。
仮面ライダーゴーストで山本亮介さんの活躍をもっと見たくなったのがきっかけ。

ーー「サバイバーズ・ギルト&シェイム」とは、戦争や災害、事故でかろうじて生き残った人が、死んでしまった人達を思い、生きていることに感じる罪悪感と恥ずかしさのこと。ーー(公式HPより引用)


以下、感想。


死生観を語る舞台、特に戦争がからむと、どうしてもジメジメした雰囲気になるはずなのに、見終わって振り返ると「あれは喜劇のミュージカルだったのか?」と疑問が湧いてくるほど、終始明るく軽快な時間が印象に残っています。

予想の斜めの斜め上を行くストーリーの展開に、どう折り合いをつけるの?!というある意味ハラハラ、話のテンポの早さ、役者の大胆な演技にどんどん引き込まれてゆきました。

コメディで盛り上がるところまで盛り上げて…!からの、潮がさあっと引いていくかように一気に、「生きる」「それでも生きなければ」という現実の問題に戻されて行く感じ。

重いテーマでもエンターテインメントに変えてしまう、2時間に込められた舞台ならではの面白さが、ぎっしり詰まったお芝居でした。

山本亮介さん。仮面ライダーを脱し、色んな表情を見れて良かったです。

南沢奈央さん。繊細さと力強さのメリハリがきいていて、適役だなと思いました。

伊礼彼方さん、美声でした…。喉に!喉にお気をつけて!

片桐仁さんの面白さは、反則!

大高洋夫さん。含みを持たせる演技が素晴らしかったです。

長野里美さん。今回の舞台でいちばん笑わされました。仕草の細やかさなど舞台を熟知した芝居の幅の広さを感じました。



みなさん喉と健康にお気をつけて、最後まで突っ走ってほしいです!


12/4まで、新宿紀伊國屋ホール
全席指定/当日券あり。