読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

after a little sleep

takatsu rika / photo / diary / trip / music / illustration /

生物と私たちのくらし

f:id:t_rika:20160605174539j:plain

上野の国立科学博物館の「生き物に学び、くらしに活かす」展に行ってきました。

一応企画展なのですが、常設展に併設されている感じなので、常設展のチケット(一般¥620)で入れます。
ちょうど特別展で「恐竜展」をやっているので、博物館はやや混み気味でした。

生体のもつ優れた機能や形状を模倣し、工学・医療分野に応用すること、を、バイオミメティクスといいます。(コトバンクより)

カタツムリの殻には小さな溝が規則的に並んでおり、その溝に水がたまることに寄って水の膜ができます。その水の膜によって、油汚れをはじき、殻の表面は汚れず清潔を保つことができるそうです。
その特性は今、私たちが使っているトイレや外壁などの技術に応用されています。


他にも会場には
f:id:t_rika:20160605224000j:plain
タマムシの構造色を再現した技術

f:id:t_rika:20160605224224j:plain
カジキの皮膚を模倣した競泳水着

などなど。
展示会場はそんなに広くないですが、生物の剥製と技術が同時に見ることができます。

科学博物館の展示は6/12まで。

関連本のメモ
自由研究におすすめです。