読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

after a little sleep

takatsu rika / photo / diary / trip / music / illustration /

夢一日、江ノ島

f:id:t_rika:20141123220129j:plain

本当は今日、ディズニーシーに行く予定でした。

久しぶりだなぁ、着いたらまずトイストーリーマニアのファストパスをとって…、夜はちょっといいディナーを…!
なんて妄想しつつ向かった…のですが、京葉線の電光掲示板に「入 園 制 限」という文字が見えたため、とりやめにしました。

うーん、どうしようか。
京葉線武蔵野線を乗り継いで養老渓谷にいってみる?いやいや、さすがに遠い…。

「じゃあ、江ノ島に行きたい」
以前から行きたいと思いつつ、一度も足を踏み入れたことのない島。
お天気カメラでよく見慣れた風景を、この目で見てみたいという気持ちがありました。

こういう時、電車に強い人と一緒にいるのはかなりの強みです。
路線図が浮かび、ここまで行って、次はこう乗り換えようというプランが、ものの3分でできあがる。
逆に言えば、ここは乗り継ぎがうまくできないから行けない、という判断もすぐつくわけです。うーん、乗り鉄さん、すごい。

さて東海道線に移動し、電車で揺られること小一時間。藤沢駅に到着して、今度は小田急線で片瀬江ノ島駅へ。
乗り換えもスムーズに、お昼より少し前に江ノ島に着きました。

海の見えるレストランで静かなランチを楽しみました。
(いろんな事情で撮影できなかったので、レポートなし)

そのあとは徒歩+エスカーでサムエル・コッキング苑へ。
展望台は30分待ちだったのでやめました。
 
コッキング苑、素晴らしかった。ここに別荘を建てた気持ち、よく分かります。ていうか私財ありすぎで驚きました。

色んな植物がありましたが、中でも驚いたのはアオノリュウゼツラン
あんなにいっぱいあるとは笑
数十年に一度しか花が咲かず、花が散れば株ごと枯れる。不思議な植物です。

他にもバラやヤシの木、ツバキ(まだ咲いてなかったです)など今でもきれいに手入れされていました。苑内入り口にはチューリップの球根もたくさんありました。春にたくさんの花を咲かせるのでしょうね。楽しみです。

そのあとは名物のたこせんや湘南しらすを買ったり。小径の先のカフェでのんびりブレイクタイムも。

とてもいい一日でした。


その時ディズニーシーは大変な混雑だったらしく、乗りたかったトイストーリーマニアは4時間待ちだったとか。


青い海と爽やかな風、揺れる草花、ほろ苦いコーヒー。
夢の国に行かずとも、現実の小島で十分夢が見れた気がします。

そんな休日でした。

広告を非表示にする